ボールを打ったら走ると言うのが野球です

ボールを打ったら走ると言うのが野球です。
野球グラウンドの真ん中、マウンド上からピッチャーの投げたボールを前に打つ事、そして打ったら走ると言うのが基本です。
そして打ったら右側の一塁目掛けて走ると言う事です。
とにかく真直ぐに一塁目掛けて走ります。
そして一塁手が内野手、または外野手からのボールの送球で、キャッチしたタイミングでバッター走者の足が一塁ベースに先に着いた時にセーフとなり、後の場合はアウトとなります。
そして次のバッターがボールを打てばまたその繰り返しです。
但し、その際には一塁にいた走者は二塁へと進む事が出来ます。
但し、これはバッターが打ったボールがヒットであった場合です。
打つボールが全てヒットの場合は走者は二塁を蹴って、そして三塁まで進み、そしてやがてホームベースに辿り着き、そこで1点が入ると言う事になります。
ボールを打ったら走ると言うのが基本ですが、残念ながら、バッターの打つボールがバッターの後ろやフィールドの外の場合はファールとなります。