野球の場合はボールが生きていればセーフです

野球の場合はボールが生きていればセーフです。
野球の場合、ボールが生きていると言うのはつまりはセーフの状態を言います。
つまりはピッチャーがボールを持っていないと言う場合です。
そして内野、または外野で、打たれたボールが地面にあると言う場合であり、また内野手と外野手がボールを持っていると言う状態です。
フィールド上で常にボールが地面に転がっている状態の場合は、常に走者は次の地点まで走り続ける事が出来ます。
一塁を蹴って、そして次には二塁まで走塁する事が出来る訳です。
もしかすれば三塁までも走塁する事が出来ます。
外野の審判がタイムを掛けない状態です。
またはライトの野手がボールの扱いが上手に出来ていない場合もあります。
そしてボールが生きていると言うのが打ったボールがヒットと言う状態です。
一塁と二塁の間にボールが打ちこまれます。
これを右中間と言います。
一塁を蹴った走者、つまりはランナーですが、二塁まで達します。
そしてセカンドベースでライトからの送球が二塁手に間に合わずにランナーの脚が早かった場合には、これもセーフとなります。