野球にはセーフとアウトと言う判定があります

野球にはセーフとアウトと言う判定があります。
そしてこの判定のみで野球の試合が進められると言う事になります。
打者がホームベース上でピッチャーの投げるボールを目の前でスウィングします。
空振りであれば、ストライクです。
そしてそのストライクカウントが3回となれば、それでストライクバッターアウトとなります。
打者がボールを打ち右側向こうの一塁に走ります。
打ったボールが内野手若しくは外野手から一塁手に送球されます。
もし一塁ベースに走者の足が早く付けば走者の勝ちセーフとなります。
その逆であればアウトです。
そして打者の打ったボールがフライ、つまりは打ち上げたボールです。
このフライが内野か外野で落ちてきて、ノーバウンドでグラブに収まった場合、これもアウトカウントとなります。
そしてこのノーバウンドのフライをキャッチして、内野のベースを離れていた走者がいた場合、元のベース目掛けて野手がボールを投げ、そのベース上で、内野手がボールをキャッチして走者の身体に何処かにタッチすると、これもアウトカウントと言う事になります。
それ以外はセーフです。