色々な作戦があって奥が深い野球

野球には色々な戦術があるところが面白いです。
一球一球の間に時間があり、そこで考える時間があります。
その時間に、プレーしている選手はもちろん、観戦している側も考えることができます。
意表を突いた作戦がいいのか、普通の作戦がいいのかは難しいところです。
たとえ意表を突いたとしても、成功しなければ意味がありません。
しかし、普通の作戦だと相手に読まれてしまいます。
例えば、送りバントをしたい場面で打たせれば相手の意表を突くことができます。
それで守備側が前進をしてきてバントに備えたところを、間を抜いてヒットが出たとしたら成功です。
しかし、補給されてダブルプレーになるかもしれず、リスクの高い作戦だと言えます。
もちろん、バントをすれば必ず成功するわけではありません。
打者と走者の能力も考えて、一番成功しそうな作戦を監督が選ぶわけです。
どんな場面でも、シンプルに普通にただ打たせるという作戦もありそうですが、そのような采配は見たことがありません。
野球には、まだ使われていない作戦もあるわけで、奥が深いスポーツだと思います。

なんJ大谷翔平まとめ

愛知県で引越しゴミにお困りの方
出張買取センターにご相談ください

最新記事